試験対策

【編入希望者必読】無駄なことをしない時間の使い方(大学生編)

タイムマネジメント大学生編

こんにちは!Trask編集部のうっちーです!
突然ですが、みなさんは「タイムマネジメント」ができていますでしょうか?

編入学を志す人たちは皆忙しいものです。学生であれば学校の授業と並行して勉強を進めなければなりません。

そもそも在籍している学校で単位を落として編入学に必要な単位が取れていなかったということがあったら元も子もないですよね。

そこで、時間を無駄にせず自分のやるべきことと編入試験への勉強の両立に不可欠な「うまい時間の使い方」をお伝えしていこうと思います!

ここでは大学生編と称して大学に在籍しながら編入試験に向けて勉強している方を中心にお伝えしていきます!

なぜタイムマネジメントが必要なのか

編入試験の勉強を進めるにあたって、「時間」は大切ですよね。
冒頭でも述べましたが、「学校の授業」と「編入試験の勉強」を両立する必要があります。

学期末には試験やレポートなどに追われ、それらに費やす時間が多くなってしまう時もあれば、英語の外部試験(TOEIC、TOEFL、英検など)の勉強も並行して行わなければなりません。

そんな時に、やりたいことが明確でもいつまでに何を達成するかを決めておかないと直前で焦ってしまうこともあると思います。

また、1日をどう過ごすのかによっても合格に近づくか遠ざかるかは変わってきます。1日の勉強時間、どの時間で勉強ができるかを把握することは日々の学習を進める中では最上位に重要なことだと思います。

忙しい中でいかに効率よく勉強ができるかが成功の秘訣ではないでしょうか?
それではこれからいくつかのステップを踏んで、自分なりにタムマネジメントができる力を身につけていきましょう!

自分の生活を把握

まずは自分の生活がどのようになっているのかを分析してみましょう。
ここでは筆者の大学2年次のスケジュールを例にとって進めていきます。

筆者の1日をざっくりとまとめます。

起床〜身支度:6:30〜7:15
通学:7:25〜8:05
朝学習@大学:8:10〜9:00
授業(左:前期、右:後期)
一週間のスケジュールイメージ
帰宅・夕飯・風呂・休憩:18:20〜21:00
夜勉強:21:00〜23:50
就寝:24:00〜

筆者は教職課程を取っていたため授業が多い方でした。
そのため大学にいる間に勉強する時間は空きコマしかありません。また、朝と夜にまとまった時間を取れたのでその時間は必ず勉強にあてました。

このように、自分の1日の流れをざっくりと把握し、それを習慣化することがタイムマネジメントに必要になります。

実際にタイムマネジメントをしてみよう!

ここでは筆者が心がけたことをいくつか紹介しながら順を追って1日のスケジュールを作成し、自分がどれだけの勉強時間を取れるのかということを把握していきましょう。

Step1. 起床・就寝時間を毎日一定にする

筆者は起床・就寝時間を1週間を通して一定にすることで、平日・休日を問わず同じ生活ができるようにしていました。
またこのようにすることで、体調管理にほとんど気を使うことはなくなりました。

ここで大事なことは「就寝時間」です。筆者は必ず0時にはベッドに入るようにしていました。
翌日に1限がないと言えども、時間通りに寝ることは安定した睡眠時間に繋がり、翌日の起床も容易になります。

Step2. 日中の時間のコントロール

もう一度上に挙げた筆者の授業時間割を見てみましょう。
何か気づくことはありますでしょうか?

授業の入れ方がほとんど同じではないでしょうか?

ここで筆者が心がけたことを2つほど紹介します。

できるだけ連続で2コマ空くように授業を入れる

ほとんどの大学が90分授業を行ってると思いますが、1コマ分だけだと思い通りの勉強がなかなかできませんよね。

なので「180分+休み時間」という大きな時間を取ることで、日中でも長時間勉強することが可能になります。

できるだけ1限に授業を入れる

1限は朝早く起きて通勤ラッシュ時の電車に乗って行く必要があり、体力的にもハードです。
しかしそれをあえてポジティブに捉えます。

メリットとして「朝勉ができる」、「体力がつく」ことを挙げられます。この2つは試験に直結します。

午前中からの筆記試験やそれに耐えうる体力を養えます。また、朝に1時間だけでも時間を確保することで単語等の軽い勉強ができます。

※この2つは自分が学びたい科目や所属学科の授業があるときしかできませんが、できるだけやってみることをおすすめします。
また、1限はどうしても起きられないという人にとってはリスキーな面もあるのでご注意を。

このように自分の時間の使い方を簡単に設定した上で1日のスケジュールを設計すると下の図のようになります。
(筆者の金曜日のスケジュールです)
スケジュールの円グラフイメージ赤色が勉強する時間になっています。
これだけで見てみると勉強時間が「約8時間」も取れていますね。加えて通勤時間も勉強していたら「約10時間」も勉強できてしまいます。

このように少し工夫することで、長い勉強時間を確保できます。

おわりに

自分の1日が管理できるようになると、1週間、1年と長期的に計画を立てることが徐々にできるようになってきます。

ぜひこの記事を参考にして有意義な時間の使い方ができるように、そして充実した編入試験ライフを送ってくださいね。

今後、専門学校編や短大編などもお届けする予定ですのでご期待ください!

 

お知らせ

Traskからマッチングサービスのリリースが決定!

その名もTrask Matching(トラスクマッチング)

編入経験者とこれから編入試験を受ける方のためのマッチングサービスです!
編入経験者が様々なプランを作成し、その中から自分が相談したいものを選んでお話しができるようになっております。

加えて、編入志望者同士でつながることもできちゃいます。勉強仲間を見つけよう!

今回のタイムマネジメントについてもこのサービスを使うことによって簡単に尋ねることができてしまう優れもの!

ぜひマッチング内で「うっちー」を探してみてください!
https://traskmatching.com/plan_single?plan_id=75

東京の街のイメージ
【体験談】東京外国語大学国際社会学部へ編入! バラさん編東京外国語大学国際社会学部の編入試験に合格された方の体験談をお探しょうか? 本記事では、東京外国語大学国際社会学部の編入試験合格者が使用した参考書などの試験対策について知ることができます。東京外国語大学国際社会学部の編入志望者は必見です。...
ABOUT ME
うっちー
うっちー
某国立大学で社会学を勉強しながら教育学の勉強しているうっちーです。編入希望の方のニーズに応えられるような情報を発信していきます! 最近は週7でラーメン屋に駆け込みます。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus