体験談

【編入生インタビュー】Ask.6 編入インタビュー特別編! 法学編入栗山さん③

栗山さんパート③

みなさんこんにちは!Trask 編集部です! 大学に編入された現役大学生と社会人へのインタビュー記事を配信しております。

今回も、前回に続いて、圧倒的な法学への情熱で、質の高い編入情報をTwitterで配信されている「法学編入栗山さん(@AzcUrrwKDTrH6K1)」へのインタビュー記事の第三弾です!

法学志望の方が最も気になっている法学の専門科目対策についてじっくりとお話していただきました。

栗山さんの独学での勉強方法や、おすすめの参考書はすべての分野の独学編入者にとって非常に有意義です。

ぜひ、ご参考にしてください\\٩( ‘ω’ )و //
栗山さんの一年間のスケジュールなどが読めるパート①と②はコチラ

【編入生インタビュー】Ask.6 編入インタビュー特別編! 法学編入栗山さん①国立大学法学部の編入試験に合格された方の体験談を探していませんか? 本記事では、国立大学法学部の編入試験に独学で合格した方の試験期間の過ごし方を知ることができます。国立大学経済学部の編入志望者は必見です。...
【編入生インタビュー】Ask.6 編入インタビュー特別編! 法学編入栗山さん②国立大学法学部の編入試験に合格された方の体験談を探していませんか? 本記事では、国立大学法学部の編入試験合格者のモチベーション管理などについて知ることができます。国立大学法学部の編入志望者は必見です。...

Traskでは、経験者のみなさまのご厚意の元インタビュー記事を鋭意作成中です。ご協力いただける方は、コチラからご連絡いただけると幸いです!ぜひ、お待ちしています。

今回のインタビュイー

栗山さんイメージコアラ

お名前  :法学編入栗山さん
編入先大学:地方国立大学 法学部
編入前  :地方の四年生大学

合格大学 :地方国立大学 法学部

受験大学 :地方国立大学 一校
専攻   :法学(憲法、ジェンダー)
得意科目 :法学全般

法学の専門科目対策は?

Traskルイス
Traskルイス
次にお伺いしたいことが、具体的な試験科目の対策です。

もちろん、大学によって変わってきますが、共通する部分は多いと思うので、受験された大学をイメージしながらお答えしていただきたいです。

まずは、英語の勉強法です。TOEICは受けていらっしゃらないということなので、筆記の英語試験をどう対策されたのかお教えください。

栗山さん
栗山さん
英語を始めた時は中学レベルの英単語やbe動詞もわからない状態だったので、徹底的に基礎的な単語と文法を押さえるようにしました

受験した大学の英語は専門的な英語の文章が出題される大学でした。最低、英検2級レベルの英単語や文法のレベルは必要でしたね。文法書はForestを使っていました。

Traskルイス
Traskルイス
やはりForestは良いですね。
栗山さん
栗山さん
今はエバーグリーンって名前になってますけどね。
Traskルイス
Traskルイス
ほんとうですか! 今年最大の衝撃です…。
栗山さん
栗山さん
私も驚きました。エバーグリーンってなんだ? Forestでしょ? と思いますよね。笑
Traskルイス
Traskルイス
なりますね。

では、話を戻して、文法に関しては旧Forestを使いながら、英語の勉強をされていたということですね。ちなみに専門の単語帳は何を使用されていましたか?

栗山さん
栗山さん
私が使っていたのは『法律英単語ハンドブック』というものです。これは言ってしまえば小さな辞書なんですね。

これの全ページに目を通して、例えば「故意」であるとか「犯罪」であるとか、「違法」であるとか、法律を知らない人でも知っている単語というのはあると思うのですが、このような単語を一度ノートにピックアップして、それを自分の単語帳として使っていました。

Traskルイス
Traskルイス
大変参考になります。
栗山さん
栗山さん
自分の単語レベルは準1級、それに加えて、基礎的な法律用語を知ってるというものです。範囲としては、そういったものを単語学習はやっていました。
Traskルイス
Traskルイス
法学の英単語で難解なものは出てくるのでしょうか。
栗山さん
栗山さん
例えば、bargain(バーゲン)っという英単語があります。センター試験などではお買い得品、特価品という意味になるのですが、法律の用語ですと「契約」っていう意味になるんですよ。
Traskルイス
Traskルイス
知りませんでした。
栗山さん
栗山さん
専門的な英語の文章を読んでいる時に「何かおかしいぞ。」となったときにその単語を調べて「法律ならこういう意味の単語になるのか。」とメモをしたりしていました。
Traskルイス
Traskルイス
過去問であるとか海外の法学系の記事などを読みつつということでしょうか。
栗山さん
栗山さん
過去問プラス、私の場合は洋書を読んでいたので、その洋書を読んでいる時に「この単語はすごくよく出てくるぞ」と思うような単語を調べて、それをメモしているみたいな感じです。
Traskルイス
Traskルイス
なるほど。洋書というのは法律系の洋書なのでしょうか?
栗山さん
栗山さん
そうですね。「LAW 101」という洋書なのですが、アメリカの法律の入門書のような本です。これを読みながらやっていました。

単語帳だと単語の限界があるので、やはり生の文章から学んでいくというのも結構重要かなと思います。

Traskルイス
Traskルイス
では、英語の学習はそういった洋書を読む中で分からない単語を拾ったり、文法だと、旧Forestを使用するのが基本的な勉強法になるのでしょうか。
栗山さん
栗山さん
それを基本的にしていきましたね。

TOEIC形式であろうと、和訳であろう結局は長文を読まないといけないんですね。

だから、文章を読めるようにするため、英文解釈は徹底的にやっていましたね。むしろ、これが主ですね。

Traskルイス
Traskルイス
英文解釈とはどのような対策なのですか?
栗山さん
栗山さん
英文解釈とは、文章の主語、動詞、目的語等にすべて印をつけていきます。その後は解釈された文を見て英読をしました。
Traskルイス
Traskルイス
読解は基礎を踏まえた上で過去問何度も解くのでしょうか。
栗山さん
栗山さん
そうですね。

参考書を使用して、長文をとにかく英文解釈していくというやり方です。

英文解釈した文章を多読、精読するのですが、その時には声に出して読んでいきます。

Traskルイス
Traskルイス
多読や精読は大事だと良く聞きます。

実はこの以前の記事で、東北大学と滋賀大学に受かった学生2人に話をお伺いしたのですが、彼らも「英語は多読精読だ。」とおっしゃっていました。

栗山さん
栗山さん
そうですよね。大切な理由は簡単で、どれだけ英語が読めたとしても遅ければ意味ない。当たり前ですけど、制限時間があるからですよね。

とすると、試験では完璧とまではいかずとも、早く読む技術が重要になってくるかなと思います。

Traskルイス
Traskルイス
精読をしていく中で読解したものが正しいのかということが独学者の壁であると思うのですが、大学の先生に添削していただいたのでしょうか。
栗山さん
栗山さん
そうですね。和訳の内容を先生に見てもらいました。

ただ、極端な言い方をすると、ある程度間違ってもいいかなと思うところがあるんですね。結局、意味がわかることが一番重要だと思うんですよ。

Traskルイス
Traskルイス
正確にというよりは8割くらい理解できていればいいと。
栗山さん
栗山さん
そこが重要だと思います。和訳をする時はガチガチの直訳ではない方がいい文章もあります。そのため、和訳する時は「意味が通る文章」「相手に伝わる文章」を心掛けるといいと思いますね。
Traskルイス
Traskルイス
参考になります。

栗山さんは、いつ頃から読解を開始されたのですか?

栗山さん
栗山さん
英語を始めた当初は間違った勉強法をしていたのですが、読解を本格的に始めたのは1年の5月くらいだと思います。
Traskルイス
Traskルイス
間違った勉強法というのはどういったものだったのでしょうか。
栗山さん
栗山さん
間違った勉強法というのはひたすら英語の文章をノートに書いて、それを解釈も印もつけずに和訳をしていくというものかつ、日本語の和訳、つまり答えを見ながらやっていたんです。
Traskルイス
Traskルイス
いつ変えたのでしょうか?
栗山さん
栗山さん
きっかけはネットなどでいろいろ調べていたら、英文解釈に役立つネットの記事を見つけたんです。それと、英語の勉強法で関先生の本などいろいろ見まして、「こういう勉強をすれば良いのか」と分かっていった感じですかね。

ただ、注意点として、最初は絶対に上手くできません。どの勉強にも共通することだと思いますが、「Xという勉強法は非常に効率が良くて伸びるんだよ」ということを聞いてやったとしても、慣れていないので最初は効率が悪くなるんですよ。

それですぐに、「この勉強法ではだめだ。」と感じてやめていく人が非常に多いと思います。ですので、最低でも2,3カ月くらいはしっかりと取り組むこということが重要だと思います。

参考書には10回は読めと書いてあったので、自分も1つの文章を10回くらいは読むようにしていましたね。

Traskルイス
Traskルイス
すごいですね。これは学問分野が変わってもある種共通していることなのかもしれませんね

 

法学の対策は、まずは入門書を読もう

Traskルイス
Traskルイス
次に、非常に伺いたい人が多いと思うのですが、法学の勉強は何から手を付ければよいのか教えてください。
栗山さん
栗山さん
「〇〇法」のように法律の種類によって変わってくるのですが、法学入門ですと末川先生の『法学入門』という本と伊藤真先生の法学入門、それと『ブリッジブック法学入門』ですね。

まずは、そういう本に取り組んでほしいです。

難しいものから始めるのではなくてまずは入門書のようなものから始めてみる。加えて、これは完全に私の価値観なのですが伊藤真先生の入門シリーズをおおかた読めばある程度は大丈夫かなと思います。

Traskルイス
Traskルイス
栗山さんのTwitterが個人的に好きでさかのぼって読ませていただいているのですが、過去の固定ツイートにあった本はいかがですか?
栗山さん
栗山さん
『カフェパウゼで法学を』という本ですね。

これは法学部の学生が1年生から4年生までを過ごすための教科書のようなものです。

Traskルイス
Traskルイス
学問の入門書という意味で適していますか?
栗山さん
栗山さん
若干違いますが、勉強法なども書かれていますし、「こういう風に本を読めばいいのか」ということや、法学部の学生にとって必要なノウハウがすべて詰まった本です。

法学部の学生は1年生からでも2年生からでもいいのですが、『カフェパウゼで法学を』という本はぜひ買って、1回は必ず読んだほうがいいかなと思いますね。

Traskルイス
Traskルイス
もしかすると、編入したい人にとって「勉強するぞ」という前段階で読むのも良いかもしれませんね。
栗山さん
栗山さん
そうですね。これから編入したい人にも非常に使える本だと思います。

この本が発売されたのは最近なので、私は大学3年生で読んだのですが、1年生で読みたかったというのが正直な感想ですね。

それくらい良本ですし、4年間の教科書のようなものなので、読んでおいたほうが良いと思います。

直接、編入のための本かと言われると全く違うのですが、法学部の学生が読んで全く損はありません。法学部の学生はどのように生活するべきものなのかなど書いてがあります。

Traskルイス
Traskルイス
そういった本って良いですよね。私は経済学部でしたけど、そのような本があればよかったなと感じます。
栗山さん
栗山さん
法学であればこれくらいからはじめる気持ちで良い気がします。

この本は会話のようになっていますし、イラストもあって、読みやすい。

少し時間があれば読めてしまうようなものです。

Traskルイス
Traskルイス
わかりました。

まずは入門編のところでは、今おっしゃっていただいた2冊が良いかもしれないと。

栗山さん
栗山さん
そうですね。

まずは『カフェパウゼで法学を』と『伊藤真先生の法学入門シリーズ』を読んだ後に本格的な参考書を読むというのが、一番良い流れかなと思います。

Traskルイス
Traskルイス
栗山さんは伊藤真先生のシリーズを読まれて、その後はどのような分野に行かれたのでしょうか?
栗山さん
栗山さん
自分の場合は法学部ということもあって入門書を読んでないんですよ。
Traskルイス